おすすめの乳酸菌サプリ

腸内細菌は免疫力の約70%を作り、幸せ物質「セロト ニン」の90%が腸に存在しているます。

スウェーデンのカロリンスカ研究所とシンガポールのジェノーム研究所が腸内細菌を持たない無菌マウスを使った研究では、 腸内細菌をほぼ持たないマウスは成長の後より攻撃的になって、危険をともなう行動をしました。

腸内細菌を持っていないマウスに成長初期と成熟後に腸内細菌を別に導入したところ、成長初期に腸内細菌を導入したマウスは、成長しても普通のマウスと同じ行動をしました。

しかし、成長後に腸内細菌を導入したマウスは腸内細菌がいないマウスと同じような攻撃性の強い性格になったのです。

この実験から、腸内細菌は初期の脳の発達に欠かせない物質で、セロトニンや ドーパミンなどの脳の伝達物質だけではなく、脳神経細胞のつながりを作るシナプス機能にも 影響していると考えられると推測されます

近年の犯罪の凶暴化やキレやすい子供や大人の精神的に不安定な人の増加や、子どもたちの集中力の低下、学級崩壊なども、初期の成長期の腸内フローラの状態が影響していると推測されています。

腸内フローラを健康的に良い状態にするには、どうしたら良いのか。

それは、腸内細菌たちの働きが活発になるような食べ物や運動を心がける腸活を行うことがよいでしょう。

腸内細菌の基本的な働きは口から入った食べ物を分解して、ビタミン・ミネラル・アミノ酸などを作ることです。

バランスの良い栄養を採って、身体に良い栄養素を作るためには、バランスの良い細菌フローラが必要になります。

腸内フローラは現在分かっている2万種、約1000兆個以上の腸内細菌が暮らしています。

人間の細胞が約37兆個ですから、その数の多さがわかると思います。

その腸内フローラを整えるために必要なのが乳酸菌やビフィズス菌です。

乳酸菌サプリ ランキング などサイトでオススメ されている乳酸菌サプリは、手軽に乳酸菌や餌となるプロバイオティクスを補給することができて便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA